予防歯科・歯周病|葭川公園駅からすぐのところにあるゆあデンタルクリニック

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央2-3-16 千葉センタースクエアビル102
043-307-4182
WEB予約
ヘッダー画像

予防歯科・歯周病

予防歯科・歯周病|葭川公園駅からすぐのところにあるゆあデンタルクリニック

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは、歯の健康な状態を保ち、お口の中の状況が悪くならないように未然にむし歯や歯周病を防ぐために診療を行うことです。

当院では、定期歯科検診はもちろん、ブラッシング指導、歯のクリーニング(PMTC)、フッ素塗布などを通じて予防歯科診療を行っております。

歯は一度失ってしまうと、二度と健康な歯は帰ってきません。一生の大切な財産と言えます。

患者様の歯を1本でも多く残すことができるよう予防歯科診療を行ってまいります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

「自分では念入りに歯磨きしているつもりなのにすぐ歯石がつく」、「すぐむし歯ができてしまう」このようなお悩みの方はいらっしゃいますか?

歯磨きの仕方や、歯ブラシや補助用具の選び方が間違っている可能性が高いです。

定期歯科検診に通っていただいても日常の歯磨きが適切でないと、お口の中のトラブルが起きてしまいます。逆に言うと毎日の歯磨きが上手になれば、お口の中は快適に保てます。

患者様のお口の健康のために、歯科衛生士により歯磨きの仕方を指導させていただきます。

PMTC

PMTCとは歯科医院で受けられる専門のスタッフによるプロの歯磨きです。

上手にブラッシングを行えていても、少しの磨き残しがあったり、磨き方のくせで残してしまう汚れがあります。またブラッシングで落とせない歯石の除去などを歯磨きのプロである歯科衛生士が行います。

数か月に一度PMTCを受けることで、歯の表面がつるつるになるので、汚れがつきにくくなるというメリットもあります。

院長の私も、定期的にPMTCを受けています!お口の中の爽快感もあって気持ちいいです。

フッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、歯を強くし、むし歯になりにくくなります。

歯科用のフッ素には、ジェルタイプ、フォーム(泡)タイプなどいくつか種類があります。患者様に合わせてお選びします。

歯周病

歯周病

テレビなどでは、歯槽膿漏という名前で耳にされていることも多いかと思います。
歯茎だけの病気と思われがちですが、実は歯を支える骨(歯槽骨)を溶かす病気です。
歯茎から血が出る、腫れるは歯周病の可能性があります。
日本人の成人の80%以上が歯周病にかかっていると言われています。また歯を失う原因第一位が歯周病だと言われています。

歯周病による身体へのリスク

糖尿病

歯周病は、歯を失うだけでなく体全体の病気を引き起こすとも言われています。例えば糖尿病を患っていると歯周病にかかるリスクが高まることや、歯周病の悪化と糖尿病の悪化には相関関係があることがわかっています。

早産・低体重児出産

血液中の歯周病菌は子宮の筋肉に影響を与えてしまうことがあり、早産や低体重児出産を誘発することがあると言われています。

歯周病治療

歯周病治療

プラークコントロール

歯に付いたプラーク(歯垢)を取り除くことです。そしてこのプラークコントロールが、歯周病治療の鍵をにぎります。

ではこのプラークコントロールに至るには何をすればいいのか?

まずは検査を行います。

1.基本検査

レントゲン検査で骨の厚みを測り、そして歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝の深さ)を測ります。3mm程度までが健康な歯肉と診断されます。検査結果をもとにして歯垢(プラーク)、歯石の除去を行います。(スケーリング&ルートプレーニング)

歯や根面の歯垢や歯石が除去されたことで、歯茎の状態が改善され歯周ポケットの深さが3mm程度まで維持されればメインテナンスに移行します。

2.外科処置

基本治療の後も、歯と歯肉の間のポケットの深さが改善されず、ポケット内に細菌が生息し、歯磨きで除去できない場合は、外科的に歯周ポケットの深さを減少させる手術があります。そしてポケットが改善されればメインテナンスに移行します。

3.メインテナンス

歯周病の再発防止と、健康状態の維持のためには、定期的に検査と予防処置を行うことでプラークコントロールをしていくことが重要となります。

患者様とわれわれの役割分担が必要

患者様とわれわれの役割分担が必要

では、どのようにプラークコントロールを行っていけばいいのでしょうか。

①歯茎からでている部分の、いわゆる患者様の目に見える部分の歯垢(プラーク)を患者様に日々除去していただき、

②当院では普段日々なかなか手の届かない歯茎の中の歯垢や歯石を定期的にお掃除してまいります。少なくとも半年に一度の定期的なチェックは必要です。進行した歯周病の治療後は1~3か月のサイクルで来院していただき、歯茎の状態を管理していくことが重要となります。

この二つが成り立ってはじめて歯周病は良い方向に向かっていきます。

詳しくは、当院スタッフまでお問い合わせくださいませ。